「生きる」を考える

こんにちは。
フィン大橋の小山です。

ご無沙汰しております。
毎日暑いですが、皆様夏バテされてないですか?
暑くて外に出るのもいやになりますが、
我が家の玄関では、娘が持ち帰ったオクラが
ちょっとずつ育っています。

八月に入り、毎年この時期は
「生きる」ということを考えさせられます。
蝉の抜け殻、鳴き声、原爆のこと、戦争のこと、種いっぱいの向日葵…

幼少期は、あまり考えませんでしたが
10代は生きているのが苦しくて、
20代ではそれでも生きていかなくちゃと思い、
30代はいろんなあきらめがついて楽しくなってきました(^^♪
私には大事に思い、また大事に思ってくれる人がいると気付いたことも
大きかったです✨

今、日々つらいと感じている方がいらっしゃるなら、
フィンにきて、お話ししませんか?
話すことで楽になることもあります。
一緒に考えることで
少し明るい未来を想像できるかもしれません✨
ご連絡、お待ちしています。

お気軽にフィン大橋へご相談ください!