お手玉の世界

こんにちは。
フィン大橋の小山です。

本日のフィンは、お手玉のワークショップをおこないました。

講師は、劇団風の子九州より、あさのゆみこさんに来ていただきました。

劇団風の子九州は、子どものいることどこへでも、を合言葉に、全国の小学校や、幼稚園保育園、時には海外までお芝居を届けている劇団です。
あさのさんは、そちらで、脚本を書いたり、演出をされています。
風の子に入るとまず始めにするのが、お手玉なんだそうです。
なぜお手玉か?
まず、意外と全身の筋肉を使うという事。→体力向上&身体の使い方を知る事につながります。
次に、ペアで行う場合、いかに相手の取りやすい場所に投げるか、考える必要があります。→相手とのコミュニケーションをとることが出来るようになります。

と、小難しい話は置いといて、まずは一つから、始めました。
一つ手に取り、手のひらで、モミモミ、手の甲で、モミモミ。
反対の手も、モミモミ、モミモミ。
あったまってきたところで、上に投げてキャッチ。
出来たら今度は、手の甲でキャッチ。
ちょっとずつ難しくなってきます。

一つで、いろいろな投げ方を教わったら、いよいよ二つに挑戦です。
あんたがたどこさ♪の歌にあわせて、まずは一人で。
つぎは二人で渡し合いっこに!
今回は、八人で渡し合いっこもやりましたよ!!

職員も、がんばりました!!(汗)


最後は、三つの投げ方を教わって、終了となりました。
うーん、お手玉の奥深さを味わいました✨

じつは私、以前風の子九州に所属していました。
お手玉は初体験ではありません。
三つも、ちょっとだったらできる!?はず・・・(>人<;)

お手玉、体験したいという方、ぜひフィンでお待ちしております✨

お気軽にフィン大橋へご相談ください!